読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結果無職

がんば

1

 このブログが完全なるAva's Demon和訳載せインターネットになっていたので日記でも書く。

 

 最近あったことと言えば、引っ越し。約四年間住んでいた大阪の下宿を出て、実家に戻った。下宿よりも広い実家が、あり得ないほど窮屈に思える。親がいるからだし、交通の便も悪いし、そこかしこに高校中学の同級生がいるし、最悪である。

 実際、中学時代の友人と夜中に飯を食っていたら、隣の席の女が同じ中学だったらしく、友人だけが気付いていた。おれと隣の女はまったく気づいていなかった。なんならツラも名前も知らなかった。

 引っ越しの際、大量の漫画や服に「捨てろ」という提案を受けたが、本を売る・捨てるという行為に、例えば切りたくもない髪を切る・行きたくもない場所に行く……大げさに聞こえるが、したくもない自傷行為をする……かのような嫌悪感と抵抗を覚えるので、無視をしていたら、親はおれの部屋に来るたびに「せまいなあ」「どうにかしたほうがいいなあ」と言い放つ謎のムーブを繰り出し始めた。どうにかしたいならおれのいない間に全部燃やせばいいのである。おれは部屋が狭くなろうときたなくなろうと本を売る・捨てるという選択を……少なくともいまは……したくない。他人に選択を押し付けるというのは本当に卑怯な行為だと思う。出来る限りの圧力で選択を差し迫り、いざおれがその選択で後悔しようと……もとより後悔するのはおれだけだし……その結果はお前が招いたものだという旨の主張をされる。そうに決まっている。そうでなければ他人の本を燃やすという行動に出るのだ。おれのいない間に本を売るし捨てるのだ。そうして手を汚したくないからおれに差し迫るのだ。

 まあ、それはそれとして。

 今日はバイトの面接に行ってきた。NGYのHNYである。HNYのSHINEとぼちぼち話が弾み、いい印象を与えたぜ、と思ったのだが、それは面接前に飲んだ酒のおかげであるし、もっと言えばHNYにしゃべくりの能力など要らないはずだ。ただのお喋り野郎だと思われたに違いない。まあ、結果は二三日の後に出るだろう。

 あとはiPhoneの同期が上手くいかないなどいろいろ大変だが、まあ何とかなるだろう。

 来週は卒業式である。この四年間、色々あった。たくさんのことを経験し、数えきれないほどのことを忘れた。まあ、何とかなるだろう。