読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結果無職

がんば

ジャンボリー

 酔った。明日はバイトだ。参る。

 さて安保うんちゃらの流れが折り返し地点にきたと思うので、思ったことを忘れないために書いておく。演劇界隈のひとたち何人かがデモに参加している旨を呟いていた。演劇の勉強をしているこちらからしたら「お前らがそれやっちゃだめだろ?」と感じたりする。デモするって賢いことなのかよ? と。デモをしたところで、結果は60年代のあの混乱と喧騒が答えになるんであって、また別のやり方を考えなければいけないのは、見るからに判ると思うのだけども。

 もっと言えばデモが本当に誰かの心に響いて連鎖を生むのか、とか、デモをするのならどうして演劇をしているのか、とか。デモは演劇的ではない。演劇をしているなら演劇的なアプローチか、公的な手段をまずするべきだと思うが。演劇は賢くなくちゃできないんだぞ、と。デモがバカのやることというわけではないけど、最終手段ではない。採決される間際になってデモするなんだのと呟いているのはいささかおかしい。もっと準備をしてもっと直接的で公的な手段があったのじゃないかと思うわけだ。まあいいけど。おちんちん。

 さて今日は『サムサッカー』のサウンドトラックが届いた。好きな映画はやっぱり音楽もいい。音楽ってやっぱり重要なのだと思う。特に「Move And Away Shine」がよい。これはジャスティンが飛行機の中で夢をみて、NYをひとりで走り出すシーンだ。明るい未来が、穏やかな日常が約束されたあのほのかにハッピーなエンドに流れた音楽だ。やはり、聞いてはホロリと涙をながしてしまう。

 あとは、友達からビリー・ワイルダーの『情婦』のDVDを譲り受けた。ビリー・ワイルダーは『第十七捕虜地区』や『あなただけ今晩は』『アパートの鍵貸します』と名作を次々と繰り出す半端ねえ偉人だ。我が映画の師匠が『情婦』をオススメしてきたので、明日にでも観る。

 おちんおちんおちんおちんおちんおちんおちんおちん

 久々に普通のことを書いた。昨日は『サイコ』をみてすんげえ~となった。またメイキングを見てから感想書いておこうと思う。

 あとなんかねえかな、ねえな。

 ~~