読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結果無職

がんば

マスタードを買う

 目が覚めたのは9:58で、昼前に起きようと思っていたのだけど、案外早く起きれてしまった。これで少しでも眠気があるのなら寝てしまおうと思うのだけど、心地よいぼんやりとした感じと、徐々に大脳が起きてくる感じがあったので、起きあがってしまうことにした。

 今日はお休み、なんの予定もない。昨日、奈良の山奥から帰って来たその疲れもあってぐっすり寝入ったように思う。腰に重い痛みがあって、けれども身体自体は軽い。少々の空腹はあるものの、それよりもシャワーを浴びてしまいたいと思った。

 シャワーを浴びてインターネットサーフィンをする。これといった用事がパソコンにはない。9月末の戯曲賞に投稿するため、作品を書きはじめようかと思ったが、書きたいテーマが少々自分には難しすぎて、手を余している。また8月末にも投稿したので、もういいかな、とも思ってしまう。ゆっくりとした空気の流れる自室で、自分の考え、上昇志向、その他諸々もつられてゆっくりとなってしまっているようだった。

 シャワーを浴びて火照った身体が自然と冷えていく。外には少し強い風が吹く。台風が近づいているのもあってか、気温が低い。秋めいている。

 しばらくして、何かを食べたいという欲求が湧いてくる。何が食べたいということはなかったけど、なんとなく、マスタードをかけたものを食べたいと思う。そんなことを頭の隅っこで考えながら、ゆっくりと着替えた。マスタードを買いに行くのだ。