読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結果無職

がんば

安定した生活ほしーーーーーーー

 学祭期間中、ぼんやりと歩きながら時間をつぶしていたら、ふと「俺は卒業したらどうなるんだ」と思い始め、不安に思い始めてきたので、思い立ったが吉日、と資格をとることにした。

 それで今日、その教材が届いた。

http://instagram.com/p/vaJjz0yBjh/

通信教育の教材きました……安定した生活をください……

 

 校正の通信教育だ。5万。5万円である。非常にちんちんという感じなのだけれど、何もしないちんちんよりは5万円払って勉強するちんちんのほうが偉いかな、とも思うので、良い。

 まあまだ何一つ手を付けていない(届いた瞬間5時間の昼寝をした)ので、何とも言えないが、これが将来に役立つといいな、と思う。聞く話だと、あって損はしない、という感じらしい。うむ。

 

 この間、友人と、自主公演についての詰めた話をした。ただいま授業で戯曲を書いていて、その戯曲を演出することによりグッドな公演になるんじゃないか、という算段だったのだけれど、どうもその友人はアスペルというクソゴミカスゲロ以下性欲野郎によって心がダメになっているということだったので、とりあえずは俺一人が神輿に担がれる形になる。神輿にのろうよ、と言われ昇ったら、梯子を外された感じである。まあ、良い。

 ともかくとして、俺はその友人の精神をある程度管理しなくちゃいかんのだろうなあ、と思うと、なんだか変な気分である。公演をスムーズに進めるためにはその友人の精神と身体がともに健康であることが一番必要だし、公演を通して誰かが悲しい気分になり苦しい思いをするというのは避けたいのだ。そしてそれが起こるんだったら、出来ることならスタッフ→スタッフではなく演出→スタッフの構図が好ましい。演出とはそういうものだし、嫌われる仕事だからだ。役者とスタッフの間にはもちろん、トラブルを起こしてはいけない。と思う。

 

 ま、なんとかなるっしょ、という気持ちだったのだけれど、2月末に艦これオンリーがあり、申し込んだことを思いだした。意地でも本出したるわい。

 

 性&欲