読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結果無職

がんば

得体の知れぬ恐怖

 死んでると高をくくっていた知人が生きていた。死んでそうとか言ってごめんね。まあ生きていてよかった。

 

 先ほどチェーホフの『かもめ』を読んでいたら*1「地球は一つとして生き物を乗せず、あの哀れな月だけが、むなしく灯りをともしている」という一節をが目に入った。これ、とても怖くないですかね。人間も何もかもが死んでも地球が回ってて夜には月が出てるんですよ。怖いですよ。何故だかは判りませんけど。

 

 今日の夕飯は380円の豚肉赤身ブロックをステーキにして食べた。さすがに満足感が違う。380円て。満足したけど。

 

 今年はバイトとかいいかな、って思い始めた。実家に帰ったら何とかなるでしょ。

 しかし、それでも日々は続いていくんだなあ。

 

 

 

*1:この一文キモい