結果無職

がんば

買い出しの紀行

 ヨコハマ買い出し紀行とか言う神漫画を買った。とても面白かった。

 ついでにまんがで読破シリーズの枕草子も読んだ。神漫画だった。面白かった。

 

 

 ヨコハマ買い出し紀行はとにかく雰囲気作りが巧妙な漫画で、世界観や細かな描写を見る限り、この作者の中では全て出来上がっているんだろうなあ、と思わせられるものがあった。カップリングに関しては、素直にココネ×アルファを推していきたい。

 時々「作者の中では出来上がってる作品」に出会う。僕はそれがかなり好きだ。作者の脳の中身をのぞき見した気分になれるから。

 他に例を挙げるなら『咲-Saki-』なんかがそうだと思う。細やかな設定や匂わせられる過去、時間の経過。そして小ネタ。

 時々考察サイトなんかで「このキャラの特徴は出身地域の~が元ネタだった!!」みたいな記事が書かれていたりするが(僕は全く読まないけれど)おそらくこれらは、作家の思考を逆算したものだと思われる。創作が好きな人間は、変なところにまで凝りたがる習性があるんだと思う。例えばオリジナルで作る作品の名前なんかが判りやすい例だと思う。もっといくと、それこそ容姿や行動にアレンジをくわえたりする。漫画なんかはそれをやりやすい土壌であるから、立先生は楽しくやってるんだろうと思う。

 そしてそれらに気付き「やっぱ立先生すげえ」と持ち上げたくなる気持ちも判るが、僕はそれよりかは「判ります、ここまで凝ったり考えたり想像膨らませるのたのしですよね」と共感を覚えたりする。

 ヨコハマ買い出し紀行にはそういう共感を覚えられてよかった。書く上で語りたい部分をあえて隠すことにより存在感をあらわにする手法、とても好きなのです。

 

 そして「まんがで読破」シリーズの枕草子。これは正直期待していなかった。まず枕草子というのが元は日記のようなものなので、漫画にするのは無理があるだろう、ストーリーもないし……。とか思っていたら、清少納言と中宮定子の関わる章段だけ抜き出して漫画にしていた。なるほど。とか思っていると、意外とつくりが上手いことに気付く。コミカルに描きつつも清少納言の中宮に対する気持ちの本気度や、自分が年寄りであることを恥じている心情、「ありがたきもの(めったにないこと)」という章段を引用しての不安の描写など……。

 特に上記の「ありがたきもの」で「女同士で最後まで仲のいいことなんて滅多に聞かない」と記した後「中宮様が気がかりだ」と、没落しつつある中宮定子の心中を考えて不安になる、あのシーン。上手いつなぎだ。

 また「中宮様がそれを書いたと思うと並み以上の嬉しさだ」と清女が喜んでいるシーンは、貴族のやりとりの巧妙さとともに中宮に対する「特別な思いを持つ」という清女のスタンスも表せている。

 とくに「殿などのおはしまさで後」のエピソード。このシーンは枕草子本文からも想起されるのだけど、とても叙情たっぷりのシーンなのだ。スパイ容疑をかけられた清女が実家に帰っている。中々帰ってこない清女に中宮定子が「帰っておいで」という言葉にかわりに、花弁一枚と「言はで思ふぞ」という一言を贈る。「言葉にはしませんがあなたのことをずっと想っています」という一言だ。告白やんけ。ラブコールやんけ。

 この一言は清女の胸に、花束を手向けられるがごとく染み入ったであろうと思われる。とにかく、一言のみが贈られるのだ。それがいいじゃあないか。「あなたがいないと困る」じゃない、「皆待ってる」じゃない。清女には何も求めていない。求められない心地よさがある。自分より目上の人から素直に「あなたのことを想っている」なんて言われたら、それはもう行動を求められることが無くても、嬉しいことなんじゃないかと思う。それが最愛の人であったらなおさら。

 ちなみにこの漫画の最後のページで清女は中宮定子に「愛しています」と伝える。はい百合。

 

 11時前くらいに奈良方面にサイクリングに行った。峠を越そうと思って張り切っていたのだが、峠に入る前の住宅街で息が切れた。頑張って峠を登ったが坂が急なこと急なこと。諦めて帰ってきた。有酸素運動がしたかったのに無酸素運動になってしまった。しかし楽しかった。

 

 枕草子云々はキモイと俺でも思ってるのでみんな読み飛ばしてくれよな。