結果無職

がんば

晩のラザニア

「憧れている人がいるとして、その人に胸を張れないのは嫌だ」とフォロワーさんが言っていた。確かに、と思った。

 

 明日はラストのバイトなのだけど、もう行きたくない。今日はいつもより短く5時間のバイトであった。行く前は5時間はちょろいやろ、あっという間やんけ、と思っていたが、予想以上にメンタルをやられた。もうだめだ。早くやめたい。開始1時間の時点で辞めたくなっていた。

 

 そういえば、キルミーベイべー殺し屋祭のレポ記事をいくつか見た。本当に行けばよかったと後悔した。それにしても良かったレポは、音楽好きのキルミストによるレポである。僕はキルミーベイべーの劇伴を担当したEXPOが好きなので、EXPOのお二人の語る音楽制作秘話などを聞きたかったのだ。

 ちなみにEXPOの出したCDがyoutubeに全部あった。笑った。入手困難なのでこういうのはとてもうれしい。

 

 今日会うことが最後になるであろうバイトの人には何も余計なことを言わずに別れた。じゃ、お疲れです、と別れた。二度と会うことが無いのに、お疲れです、とか気を使った。なんなんだろう、この世界は。

 

 近所に住む劇団員のおばさんが、バーに本預けたからマスターから受け取っておいてね、と言われた。今日行きたかったが精神が限界であった。明日一限だし。

 明日一限だし、と書いたら明日のバイトのことを思い出して息苦しくなった。そうだ今日のバイト中も息苦しかった。ダメだ。もう家でも息苦しい。そのままいっそ絞め殺してくれないか。絞め殺してくれないか。もったいぶるんじゃねえよ畜生。

 

 朝はご飯にのりたまをかけた。

 昼は何も食わず。バイト中はらをへらしていた。 

 晩はラザニアを食った。実家から送られてきた冷凍ラザニアだ。特別美味い。

 

 明日は勝負の日である。給料かっぱらって髪を切りたい。