結果無職

がんば

ココナ~~~! パピカ~~~~~!!

わたしは子供の頃、ひとりで遊ぶ子供だった。未就学児と呼ばれる年齢のことだったと思う。多分、ひとりで遊びたかったわけではない気がする。平日の日中、母親に遊んでほしくて、ねだっていたのだが、忙しいからと拒否され、ひとりで遊ぶに至ったのではない…

本を借りてきた。

図書館行ってきた。本を借りた。 今読んでいるのは『やし酒のみ』で、ラテン文学気になり太郎だったので読みはじめたのだが、あんまりおもしろさが判らない。『うたかたの日々』を思い出すマジックリアリズムなのだけど、知らない地域の寓話の詰め合わせを読…

1

このブログが完全なるAva's Demon和訳載せインターネットになっていたので日記でも書く。 最近あったことと言えば、引っ越し。約四年間住んでいた大阪の下宿を出て、実家に戻った。下宿よりも広い実家が、あり得ないほど窮屈に思える。親がいるからだし、交…

Ava's Demon Chapter Three 和訳

Chapter Threeをすべて訳せたので、途中まで訳した記事は消します。 Ava's Demonの本編はこちらから。 このChapter ThreeではAvaとそれに憑りついたお化けみたいなやつがセックスします。嘘。でも大事な章なのでみんなきちんと読みましょう。ってかAva's Dem…

thdfhdj

☆いま思いついたけど三日で飽きるだろうなという感じのコーナー☆ 自由律俳句♡をつくってみよう(^_-)-☆ \ウオオオオ~~~~~~~~!!!!!!/ \いええぇぇぇ~~~~~~~!!!!!!/ \バンザ~~~イ!!!!!!!!!!!!/ ひげの剃り方習…

わたしの瞳にわたしはうつる

就職先が決まった。というよりも、世話してくれるところが決まった、という表現の方が近い。わたしがはたらく予定の会社で、わたしは被雇用者ではなく、個人所業主として業務委託をうける、という形になるのだ。 つまり、労働基準法というものが機能しない会…

Ava's Demon Chapter Two 和訳

おれは暇なのか? 暇じゃないです。 Ava's Demon布教のためにちまちま低偏差値の頭で訳してたら、結構発見があった。Ava Iraという名前と、その悪魔であるWrathiaには共通点がある。Iraは「憤怒」と言う意味で、Wrathは「怒り」という意味らしい。二人をつな…

Ava's Demon Chapter One 和訳

海外のウェブコミックAva's Demonを、最新話まで読んだ。非常に面白い。話自体が楽しいというよりか、サイトの作りや絵、チャプターの終わりに挿入されるムービーなどなかなか凝ってるので、楽しい。 ただ英語なのであんまり意味判らんと読んでしまった。そ…

募金をしなかった

タイトルの通りである。 昨日、友人と田中一光展に行った。なんのことはない。単位が足らぬので、下級生の授業をとり、単位を得るためだ。大阪は肥後橋にある美術館で展覧会を見た。田中一光とはデザイナーだ。かなり少ない作品数だったが、なかなか充実して…

『家族』感想

また山田洋次映画観てた。

美味しいハンバーグ

いわゆる美味しいハンバーグ食べたい時期を迎えている。 それと同時に就活の時期も迎えた。本当は院生になって自堕落な生活アゲインと考えていたわけだが、それも上手くいかずに就活をする羽目になってしまった。トホホォ~! 親から「スーツを買え」と意味…

『お早よう』感想

あんまり言うことないです。

太田省吾読んでるけど相当おもしろい。

タイトルの通りで、非常に面白い。とくに老夫婦の話が好きだ。『午後の光』という戯曲がある。それは老人が、亡くした妻の幻影と対話する話だ。亡霊ではなく、もっと言えば幻影とも言えない。そこに死んだ妻がいるのだ。その妻と対話しているのだ。この戯曲…

『天使の眼、野獣の街』感想

すごすぎてあんまり書くことない系の映画だけど、とりあえず。

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』感想

多分今回短い。ネタバレ、主人公が○○される間際と○○されたあとの感想と話自体の全体像について。

『最強のふたり』感想

また感想。アマゾンプライム会員なのだけど、映画が無料で観られることを知らなかった。画質もわるくないし(時々通信の状況に左右されるけど)なかなかいいですね、ラインナップは何とも言えないけど。ただこの『最強のふたり』を観られたということで個人…

ジャンボリー

酔った。明日はバイトだ。参る。 さて安保うんちゃらの流れが折り返し地点にきたと思うので、思ったことを忘れないために書いておく。演劇界隈のひとたち何人かがデモに参加している旨を呟いていた。演劇の勉強をしているこちらからしたら「お前らがそれやっ…

『人生はビギナーズ』感想

なんでこういった感想とかを書きはじめたのかなと思い返すと、観た映画の感想を調べて、ほとんど面白い感想が出てこないから始めたのだった、思い出した。あとマイク・ミルズ映画は名作のはずなのに☆4つとかつけられてて「いや☆5つ以外ありえんやろ」とキレ…

『英国王のスピーチ』感想

「そういえば昔『英国王のスッピチー』みたいなタイトルの映画観ようか迷ったんだよね~」とか言いながらレンタルして来たら泣いたってワケ。

『死刑台のエレベーター』感想

名作らしいので観てみよか~! のパターン

『自転車泥棒』感想

なんか名作らしいし観てみよか! ポチィ~! みたいなノリでレンタルしてきたらまあキッツイ映画だったので死んだ。

『レオン』感想

2015年に『レオン』観て「最高や……これが世界で一番の映画や……マチルダ……強く生きてくれ……」とかブツブツ呟いている男、どう思いますか? 俺はね、そういう男を、一番尊敬する。

『トウキョウソナタ』感想

こういった作品は見てから少し経ってじんわりと良さが出てくるものなのかもしれないが、自分の場合は見てから少し経つと忘れてしまうので、すぐに感想を書く。今後見方が変わりそうな作品でした。こういうのは見るのがつらい。まあ例によってネタバレ上等で。

『暗くなるまで待って』感想

すごい以外の感想がねえ。

『シン・シティ』感想

ブヒった。テンションの高い記事です。

『17歳のカルテ』感想

別に語ることはない映画だけど、前に見た『クワイエットルームへようこそ』と合わせてみると類似点が多く、『カッコウの巣の上で』が元ネタになっている? ことが何となく判りました。この映画の原作はノンフィクションらしいけど。

『サムサッカー』感想

絶賛します。ネタバレもします。この映画は自分が人生において「見てよかった」と素直に言える映画だし、どうしても主人公のジャスティンに感情移入してしまう映画なので、毎回じんわり泣く。

『クワイエットルームへようこそ』感想

三日坊主だろうし、自分が今まで見てきた映画の中で、これと言って語るべきことはない映画なのだけど、ふと思い立ったので、書けることだけ書いておこうと思う。そういう気分なのだ。 あらすじはググってもらうか映画をみてもらうかして、ネタバレ上等で書く…

マスタードを買う

目が覚めたのは9:58で、昼前に起きようと思っていたのだけど、案外早く起きれてしまった。これで少しでも眠気があるのなら寝てしまおうと思うのだけど、心地よいぼんやりとした感じと、徐々に大脳が起きてくる感じがあったので、起きあがってしまうことにし…

ビール飲んでるけどそんなにうまくない

今日は心が細い日だ。一か月に一度くらいの頻度でそういう日が来る。何とも言えないセンチメンタルな気分になり、全ての物事から遠ざかって、その遠ざかっていく自分を俯瞰して見ているような気分がする日だ。 5月の30日には友人らと徹夜で酒を飲み、日本…